ルーツと今後

最近サプリメントや美容液、化粧品などの成分でよくプラセンタという言葉を耳にします。
プラセンタとは、もともと胎盤という意味ですが、現在、化粧品やサプリとして販売されているものに直接胎盤が使われているというわけではありません。
胎盤から細胞分裂を促進する成分や栄養素を抜き出し、それを使っているのです。
プラセンタは、実は昔から存在しています。
古くは紀元前にさかのぼり、クレオパトラが美しさを保つため、美容液や化粧品がわりに愛用していたと言われています。
また美女で知られる楊貴妃、マリーアントワネットなども使っていたのではないかと言われています。
昔から女性は美を追求し美容液や化粧品などにも新しいものを取り入れていたと言えます。
医学の方面では、古代ギリシャの医師であるヒポクラテスが、プラセンタを治療に使っていたという文献も残っています。
戦いに傷ついた戦士たちの治療に一役買ったとも言われています。
また女性がアンチエイジングのため化粧品や美容液として使うばかりでなく、男性が強壮剤代わりに使っていたという記録も残っています。
秦の始皇帝が使っていたのは有名です。
不老長寿の効果もあるとされ、珍重されていました。
プラセンタは今や、美容液や化粧品、サプリとして私たちの身近なものとなりましたが、昔は権力者や大金持ちにしか低にいれることができない貴重なものだったのです。
当初、プラセンタは更年期障害、肝機能障害などに効果を発揮するところから開発が進められてきた経緯がありますが、そのうち、肌にハリができてきた、シワが少なくなってきた、などの美容液や化粧品の効果が再認識され始め、またサプリなどが発達してきました。
プラセンタの歴史は古いですがその研究についてはまだまだ発展途上の部分が多く、美容液や化粧品のみならず医学の分野でも更なる飛躍が期待されています。
プラセンタはますます私たちの生活に潤いとハリを与えてくれることは間違いありません。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031