プラセンタの原料の違い

 一般に、化粧品のプラセンタの原料には、豚、馬、羊が使用されています。
日本国内でメジャーなサプリメントなどには、主に、豚か馬が使われています。
美容液などに関しても、同様のことがいえます。
 化粧品のプラセンタに、豚が使用されているには訳があります。
豚の胎盤からプラセンタをつくることで、プラセンタの販売価格を下げられること、1番初めのサプリメント原料として、利用されていたことなどが、それに当てはまります。
沢山の人々の美容を、手助けしてきました。
化粧品、美容液などにも、多く使用されてきました。
 豚のプラセントと比較して、価格は若干お高いものの、豚の約250倍ものアミノ酸を含んでいるのが、馬プラセンタです。
馬プラセンタには、馬にしかない必須アミノ酸が、約6種類含まれています。
現在、その栄養価の高さに着目した商品が増加しています。
美容液などには、特にその傾向が強くみられます。
 また、植物性のプラセンタもあります。
植物から、栄養素を取り出したものです。
植物性のものには、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養が含まれています。
また、その含有量は、豚と同じ位であるといわれています。
ただし、植物性のものは、通常の「プラセンタ」とは、別物として捉えられています。
ここでは、主に、原材料が豚や馬のものを取り上げます。
 化粧品の、美容液において、沢山の類似品が存在しています。
豚に関しては、やはり、発売年数の長いものが多いです。
その為、「安心性・信頼性」を売りにしているものが多いです。
豚の飼育環境や生産方法などを徹底し、更に、「不純物なしの100%」や、「国産」、「品質管理システムの認証」などを、謳っている商品が多くみられます。
 馬に関しては、近年注目を浴び始めたばかりではありますが、その、「栄養価の高さ」が特徴になっています。
その為、化粧品会社から美容液として販売されるケースも増えています。
化粧品として、美容液として販売されているものは、原液100%などに加え、美容液として使用しやすい「浸透度の高さ」、化粧品として魅力的な「低臭化」などがみられています。
 

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031